misono

1984年生まれ。京都府出身。 2002年にday after tomorrowのボーカルとしてデビュー。 その後、ソロ活動、バラエティ番組に進出し、30歳以降は『自分の為やお金の為ではなく世の為、人の為』に活動している。 2019年からは『周りの人の夢を叶えるお手伝いがしたい』『皆の居場所、チャンスやキッカケを作りたい』とmisono ch(YouTube)を始める。現在は実業家として、講演会、ボランティア、チャリティー、復興支援、寄付などをメインとし、小学校や施設で歌唱したり、コスプレやモノマネなど活躍の場を広げ、海外(韓国、台湾、マレーシア、タイ、アメリカ、中国)にも進出している。

テイルズ オブ シンフォニア

2003年8月29日にニンテンドーゲームキューブにて、発売された家庭用ゲームタイトルで、ジャンル名は「君と響き合うRPG」。 シリーズの中でもキャラクター人気の高い作品であり、戦闘画面が従来の2Dから奥行きのある3Dに変化し、アクション性が高まった。さらに、好感度によって展開が変化するシステムも話題を呼んだ。 その後、2004年にはPlayStation2に移植され、ムービーやサブイベントが多数追加され、壮大な物語がより一層ドラマティックに描かれている。

公式サイト
https://www.bandainamcoent.co.jp/cs/list/talesofsymphonia_ps2/

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-

2008年6月26日にWiiにて、発売された家庭用ゲームタイトルで、ジャンル名は「響き合う心を信じるRPG」。 「テイルズ オブ シンフォニア」の2年後の世界を舞台にした作品で、「シンフォニア」の世界観そのままに新しい主人公たちと、前作のキャラクターが登場する。 「テイルズ オブ シンフォニア」10周年を記念して、2013年にはプレイステーション3にて「テイルズ オブ シンフォニア」「テイルズ オブ シンフォニア ―ラタトスクの騎士-」の2作品をセットにした、『テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック』が発売された。

公式サイト
https://www.bandainamcoent.co.jp/cs/list/talesofsymphonia_wii/

テイルズ オブ ザ テンペスト

2006年10月26日にニンテンドーDSにて、発売された家庭用ゲームタイトルで、ジャンル名は「魂を呼び覚ますRPG」。 『テイルズ オブ』シリーズ初のニンテンドーDS作品で、ダブルスクリーンを活かした画面構成やタッチスクリーンによる操作など、ニンテンドーDSの特徴を最大限に生かしたゲーム内容になっている。また、新しい戦闘システムとして、キャラクターの容貌が変化し戦闘時に強大な力を発揮出来る「獣人化システム」が採用された。

公式サイト
https://www.bandainamcoent.co.jp/cs/list/talesofthetempest/